TOP

 
 
 
なかの屋の黒豚は、ココナッツ類を食べて育った鹿児島産黒豚です。
ココナッツ類の飼料を食べて育った黒豚は一般的な黒豚と比べると甘みとコクがあります。
私が真心込めて育てたココナ豚を是非一度お召し上がり下さい。
 
 
九州最南端の鹿児島、大隅半島のほぼ中央に位置するなかの屋。
 
 
大隅は昔から農業が盛んな地域です。その理由は、高隅山系からのきれいな水と大自然に恵まれた広大な土地。その中ですくすく育ったココナ豚です。
 
 

ココナツの胚乳を乾燥したものをコプラと呼び、このコプラよりココナッツオイルを抽出する際に発生する一番搾り粕をコプラフレークといいます。

コプラフレークはラウリン酸を主成分とし、中鎖脂肪酸を中心に構成されています。

黒豚に給与することにより、通常量が少ないデカン酸、ラウリン酸、ミリスチン酸といった脂肪酸の量が格段に増え、口溶けの良いまろやかな脂肪を持つ豚肉になります。

 
 
 
   
   
   
 
■ HOME
■ ココナ豚
■ 飼育の様子
■ 会社概要
■ お問い合わせ
 
■ ショッピング
■ 特定商取引に関する法律に基づく表記
■ 送料につきまして
 
  〒893-1602 鹿児島県鹿屋市串良町有里6914-3
  TEL 090-3665-5570
  FAX 0994-62-4866
  なかの屋